Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
スーパーダイエット
アクセス
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
メタボリックシンドロームについて

 
メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪がたまってしまうことで、肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などというような生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことをいうのです。

重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。

日本人の三大死因はがん、脳卒中、心臓病になっています。

その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。

そんな生活習慣病にならないようにするためには、まずメタボリックシンドロームこそを予防することです。

メタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上と発表されました。

それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。

しかし日本、WHO、アメリカとそれぞれ基準が異なっているのです。

しかも本質をついた内容であるとはいいきれないため、予防法も様々です。

メタボリックシンドロームだと判断される人がかかりやすいといわれている糖尿病、心筋梗塞、脳卒中の3つの疾患は、医療費の中では約30%にあたります。

この事実で将来に強い不安を覚えた厚生省は、それを予防するために、生活習慣病患者といずれ生活習慣病にかかりそうな人を2015年までに25%減らす目標を立ち上げました。

メタボリックシンドロームは、そういうわけで保健指導を行って予防しなければならないということになったのです。



 

posted by: hidemaro51 | メタボって? | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メタボリックシンドロームとダイエット

 
メタボリックシンドロームを改善することや、それを予防することを目標にダイエットをしている人が最近とても多くなっているといいます。

「メタボリックシンドローム」最近頻繁に耳にするようになった言葉ですが、具合的にどういうものなのでしょうか。

生活習慣病には「肥満症」「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」などが含まれます。

そしてその原因は肥満であり、とくに内臓に脂肪が蓄積している状態の肥満だということがわかっています。

メタボリックシンドロームとはこの内臓に脂肪が蓄積されることにより病気が引き起こされた状態のことを指します。

メタボリックシンドロームを予防するためにはどうしたらよいでしょうか。

一番効果的なのは内臓に蓄積された脂肪を取るようなダイエットをすることです。また実際にダイエットを始める前に身体に蓄積された脂肪の種類を知っておくことも大切です。体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。
またそれぞれについて、洋ナシ形肥満やリンゴ型肥満などと呼ばれることもあります。
体形の特徴からそう呼ばれるのです。

一口にメタボリックシンドロームと言ってもその中身は色々あります。また自分では気がつかないうちに病気が進行していることがあるので注意が必要です。

まずは自分の体の状態をきちんと把握しておき、メタボリックシンドロームとは何かということをよく理解するとよいでしょう。そしてそれが効果的なダイエットを進める第一歩になり、メタボリックシンドロームの予防や改善をすることができるでしょう。

色々なダイエットの方法がありますので、自分にあったダイエット方法を見つけることが大切です。

インターネットや本で探してみることをおすすめします。


 

posted by: hidemaro51 | メタボって? | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メタボリックシンドロームとは?

 

今雑誌やテレビ、様々なものからしきりに目や耳に入ってくるメタボリックシンドロームという言葉がありますが、メタボリックは代謝を、シンドロームは症候群という意味を表しています。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。

運動不足や過食が生活習慣であるのが原因とされています。

これを防ぐには、とにかく身体にたまった体脂肪を減らすことで、まず運動不足をなくすために筋肉トレーニングや有酸素運動を行い、食生活に問題がないかどうかを見直すなどの方法をとる必要があります。

メタボリックシンドロームは、40歳を超えると急増するそうです

。しかし食生活の欧米化などにより、メタボリックシンドロームである可能性がある人、すなわち「予備群」は、そんな年齢とは無関係に若い人にでも存在するとされています。

メタボリックシンドロームに陥る原因は、言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは忘れてはならないことです。

体脂肪が身体にたまっていくのは、人が生きていくために必要な機能で、それはひとつの人間の本能なのです。

生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。

体脂肪の過剰な蓄積は体に悪影響を及ぼしますから、その前に予防することが大切なのですね。

メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。


 

posted by: hidemaro51 | メタボって? | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-