Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
スーパーダイエット
アクセス
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子供のメタボリック症候群

 
子供に広がっているメタボリック症候群も問題になっています。

どんどん増えている子どもの肥満は、30年前と比較してみると2倍にもなり、それだと1割が肥満ということになるのです。

子どものメタボリック症候群は、運動不足や不規則な生活、脂肪の多い食事、それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などが原因となっているのです。

子供の肥満やメタボリック症候群の約70%は、大人になっても移行する可能性も高いようです。肥満症がひどい場合には小児期からでも高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併する危険性もあります。

子供が肥満気味だと感じる人は早めに検査等を受けてメタボリック症候群の予防をすることが大切です。

厚生労働省からも、6歳から15歳のメタボリック症候群診断基準が出されているのです。

メタボリック症候群が、それほど子どもにも迫っていて、予防と対策が重要視されているということです。

しかし無理なダイエットを強いて、子どもにメタボリック症候群の予防をさせることは、あまりいいことではありません。食生活を改善することが、子どものメタボリック症候群の一番の予防になります。育ち盛りの子供たちにはダイエットよりもスナック菓子やジャンクフードをやめたり、朝昼晩の食事をバランスよく食べさせることのほうが大切です。

家の中でゲームばかりするような遊びをやめ、もっと外で体を動かして遊ぶようにすれば、生活も規則正しくなり、肥満解消に役立つようになるでしょう。


 

posted by: hidemaro51 | 子供のメタボ | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-