Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
スーパーダイエット
アクセス
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
メタボリック症候群を食事で予防する

 

メタボリック症候群の予防の基本は適正な食事です。まず自分自身が必要以上に食べていないかをチェックすることがメタボリック症候群の予防の第一歩だといえます。


満腹感を得るため、食べないと体に悪いのではないかという理由でカロリーオーバーの食事をする人もいます。間食に清涼飲料や缶コーヒー、スナック菓子などを食べるなどの食習慣はメタボリック症候群の予備群になり得ます。


このような食生活を改善し、それからメタボリック症候群の予防として進めていきましょう。
人が一日に必要なカロリーは、その人の体重で算出できるのです。


適正体重とは、身長(m)×身長(m)×22で求められる数字です。必要な1日のエネルギー量はというと、デスクワークが多い人の場合25〜30キロカロリーで、立ち仕事や外回りをする仕事の人で30〜35キロカロリー、また体をよく使う仕事の人の場合35〜40キロカロリーだといいます。


このカロリーを守って食事を摂ることを目指してメタボリック症候群の予防を食事から始めましょう。必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、よくかんで食べることも、メタボリック症候群の予防につながることなのです。食べ物を良くかむことは消化吸収を良くすることでもあり、食事の時間も長くなって満腹になりやすくなります。


メタボリック症候群を予防する上で、この食べ過ぎることを防げることは大変効果的な法方だといえるでしょう。

posted by: hidemaro51 | 食事 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メタボリックシンドローム予防のための食事

 
メタボリックシンドローム予防には、やはり食事から始めることが一番です。

食事は内容だけでなく、食べる時間や量、食べ方も大きく影響をします。

日々の習慣になるように少し気をつけるだけでも予防策としては有効なので、あまり神経質にならない程度に少しずつ実行していけば、ダイエットにもなり、健康にももちろんよい結果をもたらすでしょう。

メタボリックシンドロームの予防策として、食事は寝る3時間前までに済ませるようにします。それはなぜかというと、寝る3時間以内にものを食べると中性脂肪は増え、その中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されないからなのです。処理しきれなかったエネルギーはカスとして血液中に残り、中性脂肪を増やす源になります。

また、食べてすぐ寝ると脂肪の吸収がよくなり脂肪が蓄積され、メタボリックシンドロームに近づいてしまいます。

そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。わかりやすくいうとひとくち30回程かむくらいがよく、食べ物が口の中でおかゆのようになるくらいが理想的な状態といえます。

それから食事を食べすぎに注意してコントロールするようにすると、メタボリックシンドロームを予防することにつながります。それには一日に必要なエネルギー量をまず調べておいて、その範囲以外では食べないようにすると、脂肪を余分につけないことになります。

 

posted by: hidemaro51 | 食事 | 04:36 | comments(62) | trackbacks(0) |-
ダイエット食材の選び方

 

食事の工夫をしながらダイエットをしようというときは、その食事を作る食材の工夫も大切です。

できるだけカロリーの低いものを使うために、肉の場合はその部位によってカロリーが違うということを頭に入れ、カロリー低めの場所を選ぶようにしましょう。

鶏肉ならささみが最もカロリーが低く、次にむね肉、そしてもも肉となり、牛肉と豚肉はもも肉から、ヒレ、ロース、カルビ、そして最後にバラという順でカロリーが高くなります。カロリーが高い肉は、見ただけでも脂身があるのがわかるもの、と思っても大丈夫です。

ダイエットのためには、脂身の部分を取ってから調理するようにすると、よりカロリーを抑えることができます。

野菜はローカロリーでビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、ダイエット中の食事にはどんどん摂り入れていきたいものです。加熱をするとかさが減りますので、ダイエット時には調理方法を工夫すればかなりの量を摂取することができます。

それから大豆や大豆加工製品には、良質のたんぱく質がたくさん含まれており、また大豆イソフラボンが作用して肌荒れ防止や体調を整えるのに役立つので、ダイエットには最適の食材といえるでしょう。それからローカロリーで鉄分やミネラルなどを含んでいるうえ、食物繊維も豊富な海藻、こんにゃく、きのこなども利用するといいでしょう。

同じ肉を選ぶときもあえて骨付き肉や丸ごと1匹の魚を選ぶと見た目のボリュームがあり食べるのにも時間がかかるのでゆっくりと食事をすることができます。

ダイエット中は、こんなふうにどんな食材を用いるかというところから工夫すると効果が倍増するのです。どんな食材がダイエットに適しているかをきちんと頭に入れて、毎日の食事に摂り入れていくといいですね。


 

posted by: hidemaro51 | 食事 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
食事で始める簡単ダイエット


 ダイエットを始めるといってもどのようなことから始めたらよいかわからないと思います。

急激に食生活に制限を加えたり、同じく急に激しい運動をするのも続けにくく、いい方法ではありません。

そこで、簡単に始めることのできるダイエット法をここに紹介します。

まず毎日の食事の調理の仕方を振り返り、ダイエットにつながるように見直してみることです。

ダイエットに効果的な調理器具というものもあり、それは電子レンジ、グリル、そしてフッ素樹脂加工のフライパンなどでカロリーをセーブするといいでしょう。

調理方法で言うと蒸す、焼く、煮る、炒める、最後に揚げるという順番がカロリーが高くなる調理法なので、この低いほうで調理して摂取エネルギーを抑えることもできるでしょう。材料を焼くのであれば、グリルを使えば余計な油が落とせ、また煮るときはあくを取るようにするといいでしょう。炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、揚げ物のときは衣を薄くし、油はよく切った上にキッチンペーパーなどでしっかり吸い取るといいでしょう。

ダイエットを簡単に始められる調理は、このように工夫するとともに食事日記をつけることも大切です。ただあまり詳しく記しすぎると面倒になりがちなので、ダイエットの意識付けになるように食事内容や時間、状況などを記録する程度のもので充分にダイエットには役に立つはずです。

こんな食事日記をつけることで、毎日の食生活を見直すこともでき、ダイエットとしてよく内面などにも気づくこともできるはずで、それだけでも便利でしょう。

ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、日記とともにひとつの習慣にして進めていけばいいのです。

posted by: hidemaro51 | 食事 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ダイエットは食事から


 最近ちょっと体重が気になるという人がダイエットを考えたとき、まず一番に気をつけるのは食事ではないでしょうか。

勝手なやり方でひどい食事制限をする人もいれば、極端に食事の量を少なくする人もいるでしょう。

そのためにかえって太りやすくなってしまったり、体のどこかを壊してしまうようなこともあるので気をつけなければなりません。

ではやせようとダイエットをする場合、食べ物に関しては、どんな風に食事を摂ればいいでしょうか。そのためにまずは自分がどういうわけで太ってしまったかを知った上で、ダイエットに臨む必要があるでしょう。

基本的なことですが、食事から摂られる摂取エネルギーが、消費エネルギーを超えていると、肥満へとつながりやすくなります。

自分の食事生活を振り返ってみて、食べすぎが普通になっていないか、また日ごろから運動不足になっていないか、それから前回のダイエットからリバウンドを起こしていないかなど自分を見つめてみましょう。

そんな風にして、自分の肥満の元を見つけ出すことができたら、次はどのようなことをすればいいかもわかってくるでしょう。

もしストレスによる食べすぎで太ってしまったのであれば、そのストレスをコントロールしながら食事を変えていくようなようなダイエットをすればもっとも効果があがるでしょう。

とにかくまずはストレスの元を断つように努力することで、食事も普通にできるようになり、健康にいいダイエットをすることもできるでしょう。

またリバウンドをしないようにきちんと食事はし、体重は急激にではなく、徐々に落とすようにするのがベストです。

無理なダイエットは急に体がだるくなったり無気力になったりするので、心と体に優しいダイエットをしたいものです。

 

posted by: hidemaro51 | 食事 | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-